5日からのDCS1日延長に!?


「The○○力!!」第Ⅱ版の配付開始も再開されて
ダイレクトコンサルティングサービスDCS)に
先週5日から「1日+α」の2泊コースで行ってきました。

が、しかし、結論から申し上げますと、最低最悪の状況になっており
急きょ1日増やして「2日+α」の3泊コースになってしまいました。
個人で細々とやっているので、この様な時には臨機応変、即対応が可能ですが
逆に、忙しくなると、予定がずれ込みがちという欠点もある今日この頃です。

1日延長になった原因は、もちろん経営者の責任なのですが
このような状況にまで、陥ることになったのは
地元経営コンサルタントによるずさんな経費削減によるものでした。

以前は、やたらと経費削減を謳う経営コンサルタントが多かったのですが
最近は、あまり耳にしませんでした。
というよりも、経費削減に騙されない経営者が増えてきているのかも知れません。

大企業であれば、経費削減というものは非常に大きな効果を生み出しますが
小規模零細企や個人経営の実店舗運営の場合、一歩間違うと命取りになります。

今回、お邪魔させていただいたクライアントは、中華料理店ですが
この地元経営コンサルタントの口車に乗って、大きな墓穴を掘ってしまいました。
経費削減を謳う経営コンサルタントには要注意!という内容は
メールコンサルティングサービスMCS)、勿論、過去のDCSにおいても
何人かの経営者にレクチャーさせて頂いております。

その様なことから、「The○○力!!」でも取り上げて解説させて頂いていますし
経費削減が生み出した最低最悪の状況からどの様に回帰するか!
なかなかむずかしいですが、どうにかしなければならないのが経営者です。
「The○○力!!」の施策集の方でも、この回帰方法に関しては掲載しております。

しかしながら、結論から申し上げて、元の状況にまで戻すのはなかなか難しいのが現状で
ある程度の覚悟を持って、対応してもらう必要があります。
この場合の覚悟とは、そのまま店舗の閉店もあると言うことです。

そのくらいひどい状況に、経費削減のもたらす弊害は大きなものとなっています。
ここから一気に取り戻せるかどうかは、経営者の覚悟と開き直り次第でしょう。
可能なことは、1日延長した日程でレクチャーしてきました。

この後は、DCSに付帯するMCSでの対応となりますが
ご本人の希望で、無事回帰できた場合には、その時点での状況を踏まえて
再度のDCSを希望されていますが
無事回帰できれば、状況は把握できていますので
プレミアムメールコンサルティングサービスPMCS)で十分対応可能となることでしょう。

どちらにせよ、結果が出るまでは、そんなに時間はかからない事でしょう。
逆に時間をかけるようならば、恐らく、そのまま店を閉めることになるでしょう。

他の経営者の方も、経費削減の罠に関しては注意されておいた方が良いでしょう。
気になるような事象が発生していて
具体的に状況確認しながらの対応ならば、DCSMCSをご利用下さい。
ご自身で判断できるだろうと言うことであれば、「The○○力!!」
内容を確認されてみても良いかも知れません。

そもそも、経費削減の本来の理由と目的を的確に把握できているのならば
この様な状況に陥ることはないでしょう。
ご自身で経営する店舗です。シッカリと足元を見て下さい!