地元経営コンサルタントに騙された経費削減のその後


前回のこちらのブログで、DCSが一日延びて
地元経営コンサルティングの口車に乗って経費削減で大失敗した
中華料理店のその後の動きをお知らせしたいと思います。

結論からお知らせいたしますと
どうにかなりそうです。
どうにかなりつつあります。と言った方が正しい表現かもしれません。

今週頭の連休に合わせての対策を取らせて頂く事にしておりました。
今週末の23日も秋分の日となり土曜日ながら祝日ですので
この2回の連休に合わせての対策となります。

第一弾となった、今週頭の3連休での施策は先ず先ずの結果を生み出しました。
この、先ず先ずの結果かあら、より効果を出すために
今週末に向けて二弾構えでの対策を施してありますので
第一弾の結果からすると第二弾も期待できそうな気配濃厚です。
どうにか回帰できそうです。(してほしいと願うばかりです。)

二弾構えで施した対策ですが、「The○○力!!」でも触れている内容ながら
実際にこの状況に落ちいてしまっている場合には、「The○○力!!」だけでの
経営者ご自身による対応だけでは、少々無理があるかも知れません。

今回も、第二弾が当初の予定通りで大丈夫かどうかを確認するためにも
第一弾の結果をこの目で確認するべく、日帰りですがお邪魔させてもらいました。
第一弾で、予定の第二弾に不足が生じそうな場合には
第二弾の前に対策を講じなければなりませんので、ここは要確認です。

今回の、中華料理店の経営者の場合も、その店舗と経営状況に合わせて
各種条件を勘案しての対応策となりましたので
一概に“コレ!”と言い切れないのが現実です。

結局二弾構えの、二弾目が予定通りで大丈夫そうとの結論を得られましたので
当初の予定通り事は進んでおり、今週末の動きで、確認することとなるでしょう。

経営者が自ら招いたとはいえ、覚悟を決めての回帰策!
失敗すれば、廃業は致し方ない状況です。
まだ結論は出ていませんが、恐らく大丈夫だろうと読んでいます。


今回のような状況の場合で、具体的な困難が目に見えている様な場合
経営者に、それなりの能力があるならば「The○○力!!」での対策も有効ですが
そもそも、経営者の能力が高いならば、この様な状況に陥ってないだろうと考えると。

具体的な問題点が発生してしまっている場合には、DCSMCSのご利用が良いのかなと。
「The○○力!!」は、問題がまだ認識できていない経営者の予備知識。
もしくは、問題は発生しているものの、経営者が認識で期待寝い場合の
問題確認のための確認資料としての活用も良いのかも知れません。と思いました。

こちらの中華料理店のその後の結果は、来月になってからのご報告になると思います。
現在、実店舗の経営でお悩みがあり、だんねっとこむのどのサービスかのお悩みも合わせて
一度、ご相談メールを頂ければと思います。

現状を把握できないことには、コンサルティングのしようもないのが現状でしょう。
一人で悩んで、現状を更に悪化させるのであれば
気軽に相談して、今後どうするかを真剣に考えてみる時期かもしれませんよ!

だんねっとこむへのご相談は  → こちら から