やらなければいけない事、やらなくても良い事

実店舗の経営者とお話しする機会がDCS(ダイレクトコンサルティングサービス)のお蔭で 多いわけですが 売上を思う様に上げられずに悩んでDCSにお申込下さる経営者に 共通して言えることがあります。 やらなければいけない事をやっていない! そして やらなくても良い事ばかりやっている! この二言に尽きるような気もします。 DCSでお会いするまでに、課題を出しており 日頃の行動や、問題点等々を書き出してもらうようにしています。 そして、日頃の行いに焦点を合わせてみますと 一人で経営しているような場合には仕方ないとしても 従業員・スタッフを雇用しているにもかかわらず 何もかもを経営者である自分自身がやらなければならない。 この様な考え方の経営者が意外と多いです。 この様な考え方に基づく行動を日頃から行っているとどうなるでしょうか!? やるべきことをやらなくなっていく傾向が強くなります。 やるべきことが何なのかと言う事に、経営者が気付いている場合もあります。 気付いていながら、なぜ、やらないのか!! 面倒で、時間がかかり、結果がすぐには出ないことが多いからです。 直ぐに結果が出せるような事は、率先してやる経営者が多いです。 しかしながら、この様な内容は、殆ど従業員やスタッフがやっても それなりの結果が出せる場合が多い様に思います。 にもかかわらず、その内容を経営者が率先してやってしまう。 その結果、経営者がやる…

続きを読む

ダメ経営者の間違い

WordPressのブログ「徒然コンサル@だんねっとこむ」の方では、以前より配信していますが カテゴリ「経営者の思考」として、経営者に関する思考的な内容のものを掲載しています。 本日より、こちらのブログにも掲載していきますの宜しくお願いします。 過去の経営者の思考 → こちらから確認 売上を伸ばすことのできない経営者の中には 大きな勘違い・間違い・錯覚を起こしている方も 少なくありません。 例えば、大きな成功を成し得た人の成功体験を 自分自身も出来ると思い込んでおられる経営者 意外と少なくないものです。 あなたの場合は如何でしょうか? 私の個人的な見解ですが、 成功談だけでは、ハッキリ言って殆ど何の役にも立たない考えています。 逆に成功するまでに至った数々の失敗談の方が役立つものだと思っています。 成功した話と言うのは、美談で何か人を引き付けるようなものがあります。 それは第三者が成功談を見聞きした場合の事であって 実際に経営を行っており、これから成功しようとする人が 成功談だけを鵜呑みにしても何の役にも立たないという事です。 あなたの成功は、誰かの真似事ですか? あなた自身の成功のハズですから、人の真似をしても仕方ありません。 成功してしまった部分だけを見て真似をしても 恐らく何も得ることはできないでしょう。 成功した時のイメージとして捉える分には、構わないと思います。 経営者の最大の仕事としては、結果を出…

続きを読む

もっと見る